未分類

「将来○○になりたい!!」という子どもに一歩寄り添う方法

 

先月無制限あそびに参加してくださった方には
少しお伝えしましたが

 

今日は脳科学者・ #茂木健一郎 氏の講義「幸せになる脳の作り方」
の一部内容をご紹介します。

これからの時代は

 

「夢」を「実現」化するまでの

タイムラグがなくなる

いますでにその時代へ突入しています。

 

そんな時代に、子どもの夢を応援するには?

親としてどんな姿勢が必要なんだろう?

 

 

 

↓ これは実際に講演中に生まれた会話です

「きみは普段何してるの?」

「早稲田大学に行きたいので受験勉強頑張ってます」

「なんで早稲田大学に行きたいの?」

「映画を制作するのが夢だから、早稲田は強い学部がある」
「素敵だね。じゃあいままでに動画の編集とかキャスティングとかしたことあるんだ?」

「どれもないです」

「ファイナルカット(動画編集ソフト)は持ってる?使ったことある?」

「ない」

 

「なぜ?」

「お金がないから」.

「早稲田大学にいくお金はあるのに?ファイナルカットとマック両方買っても20万いかないと思うよ」

「そこは、親が納得してくれない・・・」

「え!その流れが自然とできてしまう家庭内の会話って怖い!笑 ねえきみ、それ本当にやりたいことなんだよね!?」

ざっくりいうとこんな感じだったんだけど

要は、映画つくりたい!!!!!って本気で思ったら

すぐにバイトでもなんでもして
動画編集ソフトは買えるし

すぐに制作できる時代だよね!

会社経営したければ、大学院でMBAを取って
経営財務基礎知識を学んで、、 ってしなくてもすぐに起業できる時代。

夢を叶えるために、いままでは

大学にいかなきゃいけない

誰かに評価されなきゃいけない

ある業界で経験を積まなきゃいけない

っていう⭐️中間プロセス⭐️が必要だった。

でもこれからはその”中間プロセス”が
マストじゃなくなる

なぜならほとんどのことが
いますぐに始められる時代になったから(大学や資格等を否定しているわけではないです)

そして家族内の会話は子どもに大きな影響をもたらすことは間違いなく

いままでの常識を疑うことなく世代に受け継がれてしまうヤバさよ。笑

 

 

そしてそんな親の常識にゆるりと従ってしまうのは

猛烈に「これがやりたい!」という欲を

本人がそこまで強く抱いていないからともいえます。

 

猛烈にやりたいことがあって

それに無我夢中に生きられたら

それってすごく心が豊かではないでしょうか?? .

その「猛烈にやりたいこと探し」
はずーっと幼い頃から始まっていて

価値観や常識にとらわれない

ワクワクドキドキ体験=ドーパミンがわ〜っとでる経験
を積んだら積んだだけ、自分のやりたい!!!に従って生きられる

どうしたら今在る環境でやれるのか、
という選択肢を考える力がつく

幼少期にそのシナプスが出来るので
大人になってからもその思考回路は続くんです(やっと脳科学っぽくなった)。

話は戻って

いま親として子どものワクワクを応援するにはどうしたら?って考えた時

できることは
いろーーーーんな体験をさせてあげる
(猛烈にやりたいことは数多く体験すれば自ずと見えてくる)

そして夢中になれる時間を守ってあげる

もうこれは無意識レベルで自分の中にも

浸透させていきたいなと思います*

 

雪ぴかぴか雪ぴかぴか雪ぴかぴか雪ぴかぴか雪️.
❄️✨❄️✨❄️✨❄️✨❄️✨❄️✨❄️

お口に入れても;安全!お土産付き!
小麦粉絵の具の#無制限あそび

2月

⛄️24日(月・祝) 10:30~11:30

⛄️27日(木) 10:30~11:30

@恵比寿駅西口徒歩7分オフィス

詳細・ご予約はこちら❤️
 

雪ぴかぴか雪ぴかぴか雪ぴかぴか雪ぴかぴか雪

 

 

instagram:  @kazoku_asobi

 

 

イベント情報、子育て情報配信します*
ぜひLINEのお友達登録お願いいたします✨!

友だち追加

 

 

 


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です