子育てのお話

急ぐ必要はないけれど、お子さんを「次のステップ」に進める方法

「体型のせいかな?他の子よりも寝返りが遅い」

 

「はいはいができたけど、つかまり立ちがなかなか・・」

 

「言葉の発達が遅い気がする・・・」

 

はい!他人の子や育児本に惑わされる必要は全くありません。!!!

 

でも ついついついつい

気になっちゃうこともあると思います。

 

大人になれば立てるし、言葉も喋れるようになるのはわかる。わかるんだけど・・・

ってゆう少しのもどかしさ。

 

こんな時は

お子さんと同じくらいの月齢または少し上の子と同じ環境にいさせてあげてみましょう。

 

子どもは、早い段階からママパパを見て、

「大人にはかなわない」

「大人はできて、自分ができなくてもあたり前」

と感じています。

諦めモードがすでに出来上がっているんです笑。

 

ところが、近い月齢や少しお兄さん・お姉さんが「できている」ことを見ると

急に自信と挑戦心がわきます。

「あれっ、自分にもできるかもしれない」

「大人じゃなくてもできてる!!」

「あ、こうやればいいんだ」

たくさんの発見を見せてくれるのが同じ子ども。

 

 

うちの子は3ヶ月で寝返りをしたのですが、

お誕生日が2週間早いお友達と遊び、そこでお友達がころころ寝返りをうっているのを見て

その次の日に寝返りを習得しました。

( ↑ お揃いのお洋服を着てお友達のお家へお泊まり。右は寝返り習得前。笑)

( ↑ 翌日!!!)

 

またある時は、同じ月齢のお友達と遊び、

その子が帰り際に「バイバ〜〜〜イ」と上手にやっていて周りの大人陣はべた褒め。

そんな光景を見た次の日にバイバイを習得しました。

 

例えば、子育て支援センターなどでも

なんとなく0歳児が集まる空間と1歳くらいが集まる空間と分かれていませんか?

(センターの規模によって分かれていないところもありますが)

 

その場合、少し気持ち早く、上の子と同じ場所に身を置かせてみても良いと思います😊

(ただ自分から0歳エリアに行きたそうだったら無理に引き戻さないであげてください💦)

 

無制限あそびでは0歳〜2、3歳と、わりとばらつきのある月齢を

一緒くたにしています。

 

0歳は絵の具や小麦粉に触れるのを最初はためらいつつも、

お兄さんお姉さんの動向をめちゃめちゃ観察してます。

 

その光景は少しぼーっとしているしているようにも見えますが

頭の中はフル回転です。

(なのでママパパは焦らなくて大丈夫ですよ*)

 

兄弟姉妹で上の子がいる場合も同じ。

吸収力や挑戦力は自然と身についているところがあると思います😊

 

なにかができることが、早くなくても問題ないんですけどね。

言動ひとつひとつにたくさんのヒントを持っているのは

同じ子どもなのかもしれないですね😊

 

 

🌸絵の具や粉を使った大胆モンテッソーリ!無制限あそび🌸

材料費1,500円@代々木公園

《5月》

5/13(月)& 5/17(金)& 5/24(金)& 5/26(日)

お申し込みはコチラより。

 

イベント出張のご案内もご覧ください🎵

 

🌸イベント情報、お得な情報配信します🌸
ぜひLINEのお友達登録お願いいたします✨!

友だち追加

 

ご家族と赤ちゃんの笑顔が増えますように*

育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です