子育てのお話

2歳までに言葉の量は決まる〜受験に対応できるか〜

「2歳までに言葉の量は決まる」というお話を聞いたことがありますか?

2020年度からセンター試験が変わる

私たちの時代そして今もなお、センター試験の多くの部分は”マーク式”📖でしたよね💡

このマーク式問題の導入が現在見直されていることをご存知でしょうか?

 

新テストでは「思考力・判断力・表現力」を一層重視するという考えがベースになっています。

つまり、自身の考えを文に落とし込むものです。

 

しかし、インターネットが普及した今、自分の考えを文字に落とし込む力が低下しているのだとか。

 

いやでも😂センター試験なんてまだまだ先の話・・・😂

👋   って👋

 

思いますよね?!

 

でも 2歳までに言葉の量は決まっちゃう

から、本当は今からが大事なんですよ、お母さん。😂😂😂

言葉ができる=国語ができると、算数もできる脳になります。
これは諸所理論や立証があるのだけども、ここでは省略。

つまり、学力を養うための先決は言葉の量を増やすことなのです。

ママが今できること

それは、とにかくたくさん話しかけてあげること。

いつから始めれば?というと実は

胎児のころから始まっています。

 

「げっ・・全然話しかけてないもう遅いかも😂😂」

なんて思わないで!

今からでも十分間に合います✨

 

でもね、意外とできそうでできないんだよこれが。。

だってママはめちゃくちゃ忙しいから😂😂(心も体もね)

 

だから、せめてこのときはとくに意識してみることがオススメ!!
というポイントを2つご紹介します✨

①旅行をつかって

旅行では、普段の生活ではなかなか目に触れないものをたくさん目にする機会があります。

近年の小学校受験では、踏切の絵がかかれたカードを見せ、これが何か?と記入させる問題が出されたりします。

一見簡単そうですが、都内では踏切をみる機会はなかなかありません。

 

旅行中の何気ない会話の有無。

「これは踏切だよ〜」など親御さんやご家族が話しかけてくれていたか否かでこの問いへの正解率が分かれます。

たとえ一度教えたきりでも、子供は天才だから✨意外と覚えているもの。

 

旅行では、普段見られないものをたくさん見せて教えてあげましょう😊

※どうしても見せてあげられないものはフラッシュカードなどで代替もできます😂

②やっぱりベビマ💓ベビマネイザン

お風呂上りの全身保湿代わりのマッサージ、

寝る前のおやすみマッサージ、、

長くなくてもいいのです☺️💓

ベビーマッサージ(およびベビマネイザン)、本当にいいことしかないのでぜひ

たくさん話しかけながらやってみて〜😊

 

1日数分のベビマでも、塵も積もって多くの言葉の吸収に繋がります✨

ただママに余裕があるときだけね!笑

 

ベビマネイザンのご予約はいつでも受付けています^^

 

🌸出張可能🌸

ベビーマッサージ+ベビーチネイザンで赤ちゃんの脳と体の発育をぐんぐん伸ばす

「ベビマネイザン」お申し込みはコチラ

イベント出張のご案内もご覧ください🎵

🌸イベント情報、お得な情報配信します🌸
ぜひLINEのお友達登録お願いいたします✨!

友だち追加


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です