ハンドメイド, 子育てのお話

安全成分③:精油(アロマオイル)

女性にとって、大切にしたいのは大好きな香り💓癒される香り💓

生活にアロマオイルがあると心も身体も健康になります💓

(昨日たまたまyoutubeでみていた「たけしの家庭の医学」というテレビ番組では認知症実験が特集されており、抜群の効果を発揮していました〜!)

精油(アロマオイル)とは

自然植物に存在する天然成分抽出し、濃縮したオイルのこと。
どれだけの成分を濃縮しているかというと、

精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kgローズなら花を3~5トンも必要とします。(日本アロマ環境協会より引用)

そんなアロマには、薬用植物の恵みがたくさん✨

ラベンダーでは強い抗菌作用やリラックス効果、免疫を高めてくれるのに有効な成分が含まれています。

 

効果が強いため、使用方法や分量には注意が必要です。

ホルモンバランスにも強く訴えるので、妊娠中や授乳中に良いアロマ、使えないアロマ(流産を促進してしまうことも😱)などおさえて使用しましょう✨🌸

 

主なアロマの働きは以下の通り😊💓

 

①環境への働き

アロマのほとんどすべてに、植物の身を守ってきた抗菌作用のある成分が含まれています。

中でも、ティートゥリーやユーカリなどはウイルスに対する殺菌作用が強いです。

人にも赤ちゃんにも優しいオイルで、ウイルス感染にかかりにくい環境を整えられます✨

 

②心への働き

アロマの香りを嗅ぐことでストレスが緩和したり、リラックスすることはありますよね✨

アロマによっては、集中力を高めてくれたりよく眠れるようにしてくれたりさまざまな精神的効果があります😊

 

家族みんなの癒しに優しく寄り添えるのです✨

 

③体への働き 

アロマによって効果はさまざまですが、小さな傷や炎症を抑えたり、鼻風邪を早く治すなど体へも大きな働きをすることがあります!

アロマは薬ではないですが、実際、医療現場で用いられていることもあり、今後さらにその活動が広がっていくとおもわれます✨

ママが使いこなせると強い味方になってくれるかも✨

 

アロマを塗布すること

アロマは高濃度のため、基本的には直接肌につけないよういわれています。

(肌に触れると刺激が強くて荒れる)

ただし、アロマブランドによって抽出や濃度が異なることもあり、

ブランドにより塗布の可否も異なります。

 

メディカルグレードといわれているヤングリビングやドテラは塗布や場合によっては食用することも可能です✨

 

ショップ展開しているニールズヤードは基本塗布NGですが、ラベンダーはOK!としていたりするので、

みなさんお使いのアロマについての塗布は販売者に聞くようにしましょう😊

 

アロマを買うにあたって

アロマの値段はブランドによってピンキリですが、

やたら安いものは化学薬品で作られているものも流通しているため

注意です!

特にお肌に直接使用する場合、大切なお肌が荒れちゃうので絶対に使わないで〜気をつけて〜〜!!!!

 

 

🌸出張可能🌸

ベビーマッサージ+ベビーチネイザンで赤ちゃんの脳と体の発育をぐんぐん伸ばす

「ベビマネイザン」お申し込みはコチラ

イベント出張のご案内もご覧ください🎵

 

🌸イベント情報、お得な情報配信します🌸
ぜひLINEのお友達登録お願いいたします✨!

友だち追加

実はヒーリングもやってます*
✨ 《1日1回》以下の2つのバナークリックで通常ヒーリングの4分の1の豊かさエネルギーを受取ることができます。ママと赤ちゃんの笑顔が増えますように*

育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です