ベビマネイザンとは, 子育てのお話

0歳児が夜泣きしないヒント

夜泣きを減らすために◯◯をしてみよう

0歳の赤ちゃんを育てるママさん。

ちゃんと眠れてます?

 

「3ヶ月くらいから眠れるようになりました!」

「8ヶ月ですが夜中はまだ1時間おきで泣いてます、、(泣)」

「9ヶ月くらいまで地獄だったけどやっと落ち着いてきました。」

 

寝つきは赤ちゃんにとって様々。

いつかはしっかり眠れるようになるとはいっても、
「1日でも早く8時間睡眠が取れるようになりたい!!!✨」
と夢見るママたちもたくさんいるのではないでしょうか。

 

私のコは1ヶ月目までは1、2時間おき

2ヶ月を過ぎた頃から3時間おきくらいで徐々に眠る時間が延び、、

3ヶ月目はいるときには6時間ほど急に眠れるようになり、
1ヶ月もしないうちに9時間以上眠ってくれるようになりました!

 

いやぁーやっぱりかなり楽です。
寝てくれると。(笑)

自分の時間が持てることを感じる幸せタイム😂♥♥

児童館、産後ヨガ、ママ友交流。。

たーーーーくさんのママと話した結果、

夜泣きをあまりしない子に1つ、共通点がありました。

 

それが

ベビーマッサージ!!!

新生児から行ってあげることがおすすめです!

「もう5ヶ月なんだけど・・」

という方も遅くはありません😊

 

大人も、マッサージをすると自然と呼吸が深くなっていきますよね?

赤ちゃんも一緒で、マッサージしてあげることで副交感神経を優位に立たせ
リラックスに導いてあげることができます。

特に赤ちゃんは、大人にとってはなんてことない毎日でも

光や初めての場所、初めて会う人、初めての音・・・
とにかく刺激たっぷりの連続です。

赤ちゃんに身近なママやパパ、じじばばが
マッサージしてあげることでリラ〜ックス💓

また、赤ちゃんの体に触れているだけですが
赤ちゃんにとっては、大きな運動量。
血液もあらゆる器官も活発になります。

このリラックスと体の巡りが安眠に導いてくれるのです😊

夜泣きはママのせいじゃない


また、どんなに夜泣きしてしまっても

ママのせいではないことを覚えておくのも一つ、気楽になれる方法です。

 

夜泣きをする動物は人間だけと言われていますが、ほとんどの動物は生まれた時から大人並みの脳の大きさであるのに対し、

人間の場合、新生児の脳の大きさは約400g。

大人の脳の3分の1程度しかありません。

未熟な脳のために、お腹の中で昼夜逆転していた赤ちゃんは、

ゆ〜っくり時間をかけて昼夜を判断していきます。

 

大人を見ていてもわかるように、

いずれ一人でしっかり眠れるようになります✨

「今だけ!」と割り切って乗り越えるのも一つの手ですが、

ぜひベビーマッサージ✨(個人的には夕方〜寝る前までの間に行う)は、
試していただくことをおすすめします😊😊

 

 

実はヒーリングもやってます*
✨ 《1日1回》以下の2つのバナークリックで通常ヒーリングの4分の1の豊かさエネルギーを受取ることができます。ママと赤ちゃんの笑顔が増えますように*

育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です